読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RP日記 第1話「出会い」

Helsmyrr~酒場~

エルフ「あの嬢ちゃん、まだ調査隊員を募集してるのかい?」

女主人「ああ、あの娘なりに頑張ってるみたいだけれどね。

    あの危険な遺跡にいこうなんてのは、なかなかいないみたい」

f:id:Mikosi:20151103171416p:plain

チャルナ「おじさん!もしかして入隊してくれるとか!?」

f:id:Mikosi:20151103172057p:plain

 

エルフ「悪いけど私はできないよ。

    でもね、興味があるのがいるかどうか探してみるよ」

チャルナ「・・・・うん」

f:id:Mikosi:20151103172231p:plain

f:id:Mikosi:20151103172707p:plain

 

エルフ「んじゃ、そろそろいってみようかな。嬢ちゃん、気落とさずに頑張るんだよ」

チャルナ「・・はいっ!」 

女主人「まいどあり、お気をつけて」

f:id:Mikosi:20151103172745p:plain

 

???「そこのお嬢さん、ちょっといいかね?」

f:id:Mikosi:20151103173240p:plain

 

女主人「ほら、呼んでるわよ」 

チャルナ「は、は~い!」

f:id:Mikosi:20151103173433p:plain

 

チャルナ「お呼びでしょうか?」

???「ああ、さっきの話がきこえてきたものでね。キミ、ドゥーマーの遺跡に

    興味があるのかい?」

チャルナ「ええ、両親の影響でわたしも興味を持ちまして・・・

     それがどうかしましたか??」

 

???「はっはっはっ、それは良かった!実は私はドゥーマーの遺跡を

    調査している者でね、キミさえ良ければ一緒に調査してみないか?」 

チャルナ「ほ、ほ、本当ですかぁぁ!!ぜひご、ご一緒させてください!!

     はっ、・・でも・・・お店が・・・」

f:id:Mikosi:20151103174702p:plain

 

女主人「あんた、なに言ってるんだい!いいにきまってるじゃない!」

チャルナ「おばちゃん・・・・」

f:id:Mikosi:20151103175038p:plain

 

女主人「あんたの夢なんだろ?

    今行かなきゃ一生叶わないかもしれないんだよ!!

    店のことはうちらに任せて、行ってきな!」 

チャルナ「おばちゃん・・ありがとう・・」

f:id:Mikosi:20151103175548p:plain

 

???「よかった、よかった。それで、旅の打ち合わせをしたいのだが・・」

チャルナ「それなら明日、わたしの部屋で打ち合わせをしましょう!

     今まで研究してきたものもありますし!」

f:id:Mikosi:20151103173909p:plain

 

???「おお、それはいい考えだ。では明日、酒場の外で待っている。」

チャルナ「わかりました!最後に、お名前を伺ってもよろしいですか?」

???「そうだったな、まだ名を言っていなかった。私は、私の名は・・・」

f:id:Mikosi:20151103180506p:plain

 

???「Axiyだ」

f:id:Mikosi:20151103180844p:plain